スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怒りの行き場

ボクは個人事業主です。
所得の申告をしますので、
経費に計上するものを買った時は領収書をもらいます。

馬カンケーの仕事もありますから、
競馬新聞や週刊競馬ブックなどの雑誌も
立派な経費という事になります。

これらはコンビニで買う事が多いのですが、
会計の際は必ず、
「領収書お願いします」と言います。

たいていの場合、
店員さんは「はい、ワカリマシタ」
とレジの領収書ボタンを押して、
出てきた領収書にスタンプをついて
「お待たせしました」で完了です。

しかし、ごく稀に
「領収書お願いします」と言うと、
「このレシートじゃないやつですか?」
と聞いてくるマヌケ店員がいます。

自動的に出てきたレシートをもらうために、
わざわざお願いするか?
考えが足りません。

それとも領収書ボタンを押し、
スタンプをつく作業が面倒なのか?
はたまた、競馬カンケーのものなんかに
領収書?遊びのものに出すの?
という勝手な判断をしているのか?

さっきも運悪くそんな店員に当たりました。
テキパキと仕事している感じだったので、
まさか・・・と完全に期待を裏切られました。

グリグリの本命馬が謎の凡走をし、
大金をつぎ込んだ馬券が外れた時の
脱力感と行き場のない怒りとも似ています。

思わず、
「なんでわざわざレシートもらうのにお願いする?
 くだらねぇ質問すんじゃねぇ」
と言ってしまいました。
本日の場合、怒りに行き場があったわけです。

突然キレるオヤジって思われたかなぁ・・・

スポンサーサイト

テーマ : どうでもいい話
ジャンル : 学問・文化・芸術

「ありでした!」って何よ?

ブラウザゲームってのがあります。
ボクには縁がないと思っていたのですが、
ススメられたのでチョッとやってみました。
すると、コレが中々オモシロイ。
時間が過ぎるのも忘れてケッコーはまるワケです。

ゲームのタイトルを見ますと「aima(合間)」とあります。
最初はまさに「合間」にやっていたのですが、
オモシロイので「合間」どこじゃなくなってきます。
ゲームの合間に仕事状態ですゎ。

大昔の非ネット対応ゲームと違って、
この種のゲームは不特定多数の人々ともプレイします。
イヤでも見ず知らずの人と関わる必要が出てきます。
それによって、リアルな世界では関わりたくないような
キモチワルイ人々を目にすることもしばしばです。

先日も、見ず知らずの人々で協力して
ミッションを達成するケースがありました。
どうにかミッションを達成しますと、
メンバーの中の一人が書き込みました。
「参加ありでした!」

どうやら「ありがとうございました」の短縮形らしい。
ボクなんかあまりにキモチワルくて、
即ブラウザゲーム引退を決めました。

こんなキモチワルイ事に時間を費やすなら、
1日2回酒飲んで、
翌日大いに反省しながら、
室内温度35℃超の中、
45分~60分に及ぶ筋トレやったがマシです。

最後まで読んでくれて「ありでした~!」

テーマ : どうでもいい話
ジャンル : 学問・文化・芸術

お菓子屋って楽しいな~

津田沼のパルコに
「お菓子のまちおか」というお菓子屋があります。
ジャンクなお菓子はもちろん、
昔ながらの素朴なものもあって、
なかなかの品ぞろえ。

時々寄ってみるのですが、
お菓子というのは、
眺めているだけでも楽しい気持ちになります。
子供の頃、駄菓子屋で過ごした時間に
似ているのかもしれません。

最近、個人的に無添加食品ブームなので、
今日は秋田の「もろこし」という
らくがんのようなお菓子を買い求めました。

akita morokoshi

原材料は砂糖と煎小豆粉のみ。
おお!なんとも潔いじゃありませんか!
喜びとともにレジに向かいました。

レジの係は男性で、
胸に「店長」とあります。
この男がなんとも無愛想で、
「仕事なんかツマンネェ、バーロー!
 ついでに客のオマエらもオタンチン!」
てな気持ちが伝わってくるような接客です。
すっかり不愉快になってしまいました。
せっかくの楽しい気分が台無しです。

お菓子屋に向いてねぇな、
辞めちゃえ!

テーマ : どうでもいい話
ジャンル : 学問・文化・芸術

びっくりマーク論争の果てに

感嘆符【!】というのがある。
一般的に「びっくりマーク」と呼ばれているが、
「イクスクラメーションマーク」が本来の読み方だ。

以前、このマークについて
「インタロゲーションマーク」と呼んだ人がいた。
ボクは「『イクスクラメーションマーク』でしょ?」
と反論したのだが、
先方も「学校で習ったのだ」と引かない。
内心「そんなの知らねぇ」と思った。

その後、どうにも気になって調べた。
するとあった。
「インタロゲーションマーク」
とも呼ぶことがわかったのだ。
ボクはハッとした。

世の中には、自分が無知であることを棚に上げ、
初めて耳にしたことを
「え~知らな~い」とか
「そんなの聞いたことない」などと
相手を見下す態度を取る愚かな人がいる。
挙句の果てには
「ねぇ、ねぇ、聞いたことある~?」などと
周囲の同意を得てオノレの仲間を増やすことに
腐心する輩も出てくる始末で、
こうなると愚を超えて哀れでさえある。

ボクは、そんな人々に会うたびに、
自分だけはそうならないよう気をつけてきた。
謙虚に「へぇ~そうなの?勉強になったよ」
くらい言うようにしてきたつもりだ。
なのにアノ時は思ってしまった。
「そんなの知らねぇ」・・・
まったく恥ずかしい限りだ。
ボクはまだまだ愚か者である。

テーマ : どうでもいい話
ジャンル : 学問・文化・芸術

ど~して・・・かな?

先日、ちょっとした取材に出かけました。
自宅から走って20分弱。
なんで走っていくのか?
説明がメンドーだから聞かないでね~。

帰りも走りだったのですが、
自宅=津田沼もスグそこというところに立ちはだかる
藤崎~前原東に至る裏道の急坂に屈し、
そこからは歩きました。

すると、このヨレヨレ中年を背後から
一気に抜き去る若妻および乳母車の赤ちゃん。

「ど~してお腹はすくのかな?
 ケンカをす~るとすくのかな?・・・♪」

なんとも可愛らしい歌声とともに、
汗だくで力尽きたおっさんを
置き去りにしていきました。
しかし速い!マクラーレンはやっぱ凄い!
乳母車だって最速だっ!

Mclaren1.jpg

奥さんがあんまりカワイイ声なので、
薄れゆく意識の中で「ハっシっ!」
と抱きしめちゃうという
イケナイ衝動を抑えつつ思ったこと。

「ど~してビールは飲めるかな?
 お水はそ~んなに飲めないよ・・・♪」


beer1.jpg


この15分後自宅にたどりついた中年が、
しわがれた歌声とともにビールを飲み干し、
そのイキオイのままにもっと濃い酒を飲み、
2時間後には気絶したことは言うまでもありません。

659.jpg

ど~してかな♪・・・知らんっ!


↓クリック↓
e_01.gif
↑お願いします↑


テーマ : どうでもいい話
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

ちゅ~ねんジェット

Author:ちゅ~ねんジェット
生まれてきてゴメンね・・・

のんきに生きてま~す!
ネコbs
★ デタラメおとぎ話 ★
★ちゅ~ねんジェットの実践のんき生活★
発作的日記帳
リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ランキング
ここをクリックお願いします
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。