スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日米ドラマにおけるモンダイ点について

ボクはアメリカのドラマを見ることが好きで、
特に 「Law & Order」 シリーズはモレナク見ている。
何がイイって、基本的に1話完結というところ。
たとえ見逃しても物語がわからなくなることはない。
気楽に見られるのだ。

ただし、ボクのようにモレナクの輩の場合、
登場する役者によって、
犯人が開始5分でわかっちゃって落胆したり、
他のドラマでは刑事役のシトが、
殺人犯役をやっていたりすることに気がつき、
大いに混乱することもあるのですね。

実際に 「Law & Order」 では死刑判決を受けた女が、
そのスピンオフである 「SVU(性犯罪特捜班)」 で、
主役のステイブラー刑事のカミさんだったりする。
もっとヒドイのは、同じ「SVU」だけど、
シーズン3の10話で窒息プレー好きの殺人犯が
最低でも懲役7年の刑が確定したのだけど、
同じ女優がシーズン5の5話から
ノバク検事補として登場したのだ。
いくらなんでも節操ないでしょ。
それほどアメリカのドラマ界では
役者不足が深刻なのだろうか?

一方最近のニッポンでは、
主役級⇒ジャニーズ、
美熟女⇒タカラヅカ出身の女優。
こんなパターンが目立つ。
どうやら役者不足は日米ともモンダイのようですね。

それよか、
こんなにもドラマ見ているボクが
モンダイちゅ~ねんか・・・?
スポンサーサイト

テーマ : どうでもいい話
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

ちゅ~ねんジェット

Author:ちゅ~ねんジェット
生まれてきてゴメンね・・・

のんきに生きてま~す!
ネコbs
★ デタラメおとぎ話 ★
★ちゅ~ねんジェットの実践のんき生活★
発作的日記帳
リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ランキング
ここをクリックお願いします
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。