スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカドラマ三昧の日々

毎日お寒うございます。
これだけ寒さが続くと家にこもりがちです。
最近はケーブルTV三昧の日々を過ごしています。
お気に入りはアメリカの刑事ドラマです。

これがホントのアメリカなのか?
演出だと割り引かず素直に受けとめてみました。

①アメリカには優秀な女性刑事が多い。
 頭脳明晰であることはもちろん、
 肉体的にも男より強い人ばかりである。
②アメリカ人は車を急発進・急停止する。
 日本だったら街ゆく人々が、
 交通事故?と振り返るに違いない勢いだ。
③アメリカ人は「自分に運転させろ」と言う。
 言われた方も決して譲ろうとはしない。
 どうやら運転する者の方が立場が上らしい。

Dodge_Charger.jpg

余談ですが、(全部余談か・・・)
アメリカ人にとって日本のイメージは、
いまだにブレードランナーの世界そのものみたいです。
BONESではFBI捜査官がTokyoに出張した際、
警視庁の刑事と飲むシーンなどはその典型で、
中華風の提灯などがぶら下がっている中で楽しく飲っていました。
また、フラッシュフォワードの竹内結子演じる
「ケイコ」の実家は、木でできた戸があり、
決して日本文化の歴史には現れない形でした。
まったくヒドイもんです。

こんなクダランところにササリながら、
今夜もケーブルTVにかじりつく自分なのであります。


↓クリック↓
e_01.gif
↑お願いします↑


テーマ : ど~でもいい話
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ちゅ~ねんジェット

Author:ちゅ~ねんジェット
生まれてきてゴメンね・・・

のんきに生きてま~す!
ネコbs
★ デタラメおとぎ話 ★
★ちゅ~ねんジェットの実践のんき生活★
発作的日記帳
リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ランキング
ここをクリックお願いします
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。